Session recorded at a factory in an industrial district located in the outskirts of central Tokyo

A crossover of the electronic sound and the beats generated by the processed samples from field recording

Techno sound coming out of unreplicable improvisation and the beauty of repetition from the sequencer

Artist : Koyas & BERVATRA
Title : Session at Shinkiba
Cat No. : PSYM-010
Format : Digital
Release Date : 2018/9/14
Artwork : Kosaku Shimamoto
Recording & Mastering Engineer : Kohji Fujita at Shinkiba Creative Lab.
Track List
1. Drift Conga
2. Brown Uplight Piano
3. Stick and Hose


The fourth in the series of Psymatics’ collaboration EP is a recorded session by Tokyo-based techno duo called BERVATRA, known for their unique style of improvisational beat making with samples of field recorded on the fly, and Koyas, a Tokyo-based artist / Ableton Certified Trainer.

While BERVATRA created the beats with the sound of musical or non-musical equipment such as upright piano, hoses, drumsticks and more, recorded, processed and played in real time, Koyas played his electronic musical instruments like synthesizers and sampler to those beats.

When everything comes altogether, this results in a highly unique hybrid of field recordings and electronic musical elements.

Recorded and mastered by Kohji Fujita, the owner of Shinkiba Creative Lab., showing his enthusiastic work for the musical and sonic quality without compromise.

都会の外れにある工場でのセッション録音
環境音を加工して生み出されたビートと電子楽器の融合
再現の出来ない即興性とシーケンサーによる反復が生み出すテクノサウンド

コラボレーション企画第4弾は、環境音をサンプリングしてリアルタイムにビートを作る異色のテクノデュオ=BERVATRAと、レーベルオーナーKoyasによるセッション。
この作品は、都会の外れの工場内にある新木場クリエイティブラボで録音された。
BERVATRAは、この広大な空間の中にあるアップライトピアノ等の楽器や持ち込んだホースやドラムスティックなど、様々なものを使って物音を生み出し、それをリアムタイムにサンプリングして加工し、ビートを生み出す。
そこにKoyasがシンセサイザーやサンプラー等の電子楽器を載せることで、環境音と電子音の融合を図ったユニークな作品となっている。
録音とマスタリングは新木場クリエイティブラボの主=藤田晃司によるエンジニアリングが施され、音質面でも妥協のない仕上がりとなっている。

BERVATRA

Tokyo-based techno duo by Shinichi Suda & Kosaku Shimamoto. They teamed up and started their career as BERVATRA from 2010.
Their style of creation is improvisational live-sampling: they capture the sounds surrounding them. Thereafter they build their beat structures from what they recorded by processing them and turn them into a piece of music.

須田伸一と島本幸作によるユニット。
” 行為と物音のダンスミュージック” をコ ンセプトに 2010 年より活動。 コンデンサーマイク・バイノーラルマイク・ ガンマイクなど従来ライブでは使用しない マイクを用いて その場の音を録音し、更に その音からリズムパターンを構成、エフェ クトを加え、即興で楽曲制作を行う。

カテゴリー :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください