Koyas

Koyas-Artist-Shot-2014_smallレーベルpsymatics主宰/Ableton認定トレーナー

DJ YOGURT&KOYAS名義で、2010年にThe KLFの同名アルバムの20周年を祝した”Chill Out”や、入眠時のBGMというコンセプトの”Sound of Sleep and Meditation”、テックハウス色の強い”Sounds from Dancefloor”といった3枚のアルバムと1枚のリミックス集”REMIX WORKS 2010 TO 2013″をリリース。このリミックス集には、過去に手がけた大澤誉志幸/ケンイシイ/曽我部恵一BAND/奇妙礼太郎トラベルスイング楽団等ジャンルを 超えた幅広いアーティストのリミックスが収録されている。

2012年に蛍光灯をコンピュータ制御してそのノイズを音楽に昇華させる実験的なユニット、”蛍光灯バンド”を結成し、翌年ヒップホップデュオFragmentと共にフジロックフェスティバル レッドマーキーステージに出演。

その後psymaticsを設立し、蛍光灯バンド1st ”Let There Be Light”、2014年にはCD HATA(from Dachambo)と打ち込み機材で即興セッションするユニット=CD HATAxKOYASの1st ”Play Off the Cuff Vol.1″をリリース。また、ソロEP”In Search of Ethnic Dimension EP”をTotem Traxxレーベルよりリリースしている。

音響機材やAbleton Liveに深い造詣を持ち、日本初のAbleton認定トレーナーの1人であり、Ableton Live関連のセミナー講師やプライベートレッスンも行っており、Ableton User Group Tokyoの運営メンバーとして隔月でイベントの”Ableton User Meeting Tokyo”を開催している。また、雑誌サウンド&レコーディングマガジン誌での記事も執筆している。共著に「トラックメイキングの基本スキル」 (グラフィック社)

 
http://koyaspro.com/
http://psymatics.net/
https://www.facebook.com/koyaspro
https://twitter.com/koyaspro
 
ableton_certified_trainer_logo_transparent_bg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です